二つの医療大国に認可された輸入代行業者

日本は信頼出来る医療制度の整った国です。
充実した健康保険制度は世界的にも高い評価を受けています。
日本の誇る医療制度の効率性はWHO(世界保健機関)が2000年に行った調査において世界10位と認定されています。
一方、シンガーポールも医療制度の整った国である事をご存知でしょうか。

ユニバーサルヘルスケアという制度が政府により設けられており、非常に効率的な医療制度を持つ事から、WHOの2000年調査において世界6位という評価を受けているのです。
また、ブルームバーグはシンガポールの医療制度の効率の高さを世界2位と評価しています。

ブルームバーグは日本の医療制度に関しては世界3位と評しているので、シンガポールの医療制度は日本を上回る程に充実していると言えるのです。
さて、今日の日本では最先端の医療技術を駆使した医療サービスを受ける事が出来ます。
また、個人が入手出来る医薬品も非常に優れた、安全性の高いものだと言えます。
しかし、海外には優れた効能と安全性に加え、価格が安い医薬品が沢山存在しているのをご存知でしょうか。
海外には日本国内では未認可のジェネリック医薬品が数多く存在しているのです。
ジェネリック医薬品は、新薬と比べて開発費が非常に安く済み、販売価格も新薬の半分以下というものが殆どです。
ただ、日本では特許権の都合で、そうしたジェネリック医薬品を正式に販売出来ないケースが多いと言わざるを得ません。
日本が如何に医療制度が整っている国であるとは言え、保険の利かない医薬品の購入は、時には高価に感じる事もあるでしょう。
こうした事情から、先に挙げた様な海外の優れたジェネリック医薬品を、早く日本でも認可して欲しいと思う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、日本で未認可の海外ジェネリック医薬品は、個人輸入代行業者を通じて簡単に入手する事が出来ます。
もちろん合法です。
たとえば、くすりエクスプレスの様な個人輸入代行業者では、数多くの海外ジェネリックを取り扱っていて、通常のインターネットショッッピングと同様に手軽に購入する事が出来ます。
こうした個人輸入代行業者は、信頼出来る業者を選ばなければなりません。
中には悪質な業者も存在していて、偽物の医薬品を販売しているケースがあるからです。
その点で、くすりエクスプレスは安全で信頼出来る業者だという事が出来ます。

くすりエクスプレスでは取り扱い商品は全てメーカー純正品となっています。

また、その配送元がシンガポールである事も重要なポイントです。

前述の通り、世界有数の医療制度が充実した国であるシンガポールにおいて、政府に認定された施設から発送される医薬品は、信頼性の高いものであると言えます。
また、配送元で独自に製品の成分検査を行っているので、その信頼性は他の輸入代行業者の上を行くものだと言う事が出来ます。
勿論、くすりエクスプレスは日本政府からも認可されている業者です、シンガーポールと日本という、二つの医療が発達した国から認可されているくすりエクスプレスは、安価で安全な海外ジェネリックを購入するのに最適な業者なのです。

Comments are closed.